So-net無料ブログ作成

<口蹄疫>宮崎県えびの市で豚の出荷始める 制限解除され(毎日新聞)

 宮崎県えびの市の口蹄疫(こうていえき)が4日、終息し、37日ぶりに家畜の移動・搬出制限区域が解除され、一部養豚農家が出荷を始めた。川南町を中心とする県央部は依然終息の気配は見えず、畜産関係者たちは「引き続き防疫対策を徹底したい」と厳しい表情を見せた。

 豚600頭を飼育する市畜産振興会長の稲泉元司さん(61)は肉豚15頭を同県都城市の食肉処理場に出荷した。4月27日に14頭を出荷して以来。「ホッとした気分なんて全然ない。宮崎県のこの非常事態を一刻も早く終息させない限り、気が休まることはない」と話した。

 出荷適期を過ぎた豚は100キロ前後に太った。80キロ超の豚の枝肉は脂が乗りすぎるなどの理由で「等外」の格付けになり、価格も大幅ダウンする。だが、肉豚、肉牛は出荷できるだけでもいい。子牛や子豚は家畜市場の閉鎖が続き、再開のめどさえ立たない。「仮に再開したとしても購買者が少なければ価格がどうなるか」と生産農家を気遣った。

 村岡隆明市長は記者団に「口蹄疫に対して人間の無力さを痛感した。普段から危機感を持たないといけない。防疫態勢を続ける」と述べた。【木元六男、中尾祐児】

【関連ニュース】
口蹄疫:対策特措法 4日施行
口蹄疫:えびの市の制限解除
口蹄疫:沖縄・石垣の牛は陰性 検査で判明
口蹄疫:「なぜ今ごろ?」首相現地入りに批判
口蹄疫:鳩山首相が宮崎入り…農家らと懇談

寛仁さま、トルコ特命大使らが慰霊 エルトゥールル号沈没120年(産経新聞)
3年間で11人交代、“鬼門ポスト”の農水相 (産経新聞)
4日、首相指名の本会議(時事通信)
「ロックな感じで頑張れ」蓮舫氏入閣、内田裕也さんが歓迎(産経新聞)
衆院 菅直人氏を首相に指名(毎日新聞)



首都圏で歯科展開の医療法人社団が破産(医療介護CBニュース)

 東京都内など首都圏で歯科診療所を展開していた医療法人社団優仁会(東京都足立区)が、5月19日付で東京地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことが分かった。帝国データバンクによると、負債額は約2億7000万円の見込み。

 同社団は1992年8月の設立。足立区で本店の関原歯科クリニックを経営していたほか、これまでに千葉や埼玉で歯科診療所4施設を展開していた。

 帝国データによると、同業者間での競争激化などで経営が厳しくなる一方、債権者とのトラブルが生じ、債権者から破産を申し立てられていた。


【関連記事】
医療機関の倒産、4月は5件―帝国データ
東京で歯科展開の医療法人社団が破産
医療法人社団博美会が破産手続き―レーシックの神奈川クリニック眼科など運営
さいたまの双樹会に破産手続き開始決定
東京・青梅市の医療法人、破産手続き開始決定―東京地裁

【明美ちゃん基金】「命救われ恩返し」38年前手術の男性 2万ドル寄託(産経新聞)
他人名義カードで買い物 詐欺容疑で政治団体会長ら4人逮捕 警視庁(産経新聞)
<民主>「非小沢系」勉強会に115人 玄葉氏ら開催(毎日新聞)
<JR西日本>飲んでも落ちない北新地 来春、可動式ホーム柵を設置(毎日新聞)
梅雨時の洗濯をどのようにしていますか?(Business Media 誠)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。